Pass The Message

「すべては人の喜びのために」

第26回目の「人生の旅」メッセージは、菓匠Shimizu 清水慎一さんからのメッセージです。
<てっぺん代表取締役 大嶋啓介さんのリレーバトンが菓匠Shimizu 清水慎一さんへ>

現在までのメッセージバトン
プロスノーボーダー&バーを経営する井原寛公さん→ プロスノーボーダー中井孝治さん→ プロスノーボーダー村上大輔さん→
ガールズプロスノーボーダー水木奈歩さん→ 野菜ソムリエのCanacoさん→ 「株式会社ブームプランニング」の中村泰子さん→ 
タレントの金森彩奈さん→音楽家の西村祐さん→ ピアニストの廻由美子さん→ 作曲家の斎藤友子さん→
クラシックパーカッション奏者の安江佐和子さん→ 世界を駆け巡るオペラ歌手 天羽明恵さん→
安藤歯科クリニック 院長 安藤正遵さん→ 総合格闘家の大山峻護さん→
てっぺん代表取締役 大嶋啓介さん→

それではメッセージ、スタート!!

菓匠Shimizu 清水慎一と申します。

僕の夢は、お菓子を通じて世界平和を実現することです。

お菓子には人を笑顔にする魔力があります。
人を幸せな気持ちにする不思議な力があるのです。

僕は、
「お菓子を通じて、一人でも多くの子供たちに夢を与えたい!」
「一人でも多くの人に幸せになってもらいたい!」
毎日そう思いながらお菓子を創らせて頂いています。

今、毎日のように報道される「親が子供を殺す」「子が親を殺す」・・・。
そして、年間3万人以上の人々が自ら命を絶つ国、日本。

そんな状況は、僕には全く関係のない出来事で、僕には全く関係のない人たちだ
と思っていました。

でも、ある日近所で同じような事件が起こったとき、僕は初めて人事ではないこ
とだと考えるようになりました。
そして、僕のような無関心を気取った大人の存在が、悲惨な事件が巻き起こるこ
んな世の中を作り出してしまっているということに気が付きました。

子供たちが夢がないような時代になったと嘆く人がいます。
「今の子供たちは・・・」と子供を批判する人がいます。
その責任はどこにあるのでしょうか。
それは子供ではなく、紛れもなく大人たちにあると思います。

夢を語れなくなった大人たちが今の世の中をつくっている事実。
人に対して関心を持つことをやめてしまった大人たち・・・。

僕は一人でも大人として、親として、菓子屋として、
「何かできることがあるはずだ!」と思いを巡らせました。

そこで取り組みを始めたのが「夢ケーキ」という活動です。

夢ケーキとは、子供たちと家族が一緒になって夢を語り、その夢を絵に描いてもらい、
その絵の通りに、僕たちパティシェがケーキを創らせてもらって、ご家族へプレゼントするというものです。

今この活動は日本全国へ飛び火し、全国の菓子屋のみならず、小学校中学校をはじめとしる教育機関や、
行政までを巻き込んで、社会的文化活動としての広がりを見せています。

7月には先の東日本大震災の被災地10箇所を回り、子供たちと一緒に夢ケーキを
創るツアーも計画されています。

この活動の根底にあるもの。
それは、「すべては人の喜びのために」という想いです。

地域や国、そして世界を変え救う志。
その根源は「目の前の人に喜んで頂く事」です。

身近な人の喜びなくして、大きな喜びをつくれるはずはありません。

とにかく「目の前の人に喜んでもらうこと」。
その積み重ねが何よりも大切なことだと思います。

僕は、先日亡くなった祖母から「人生とはいかなるものか」を教わりました。

祖母はいつも僕にこう言ってくれました。

・どんなときも笑顔で挨拶しろ
・どんな人にも平等に親切に接しろ
・どんなことにも感謝しろ

そして、「自分のためにがんばってはならない。人様のためにこそがんばれ」と
教えてくれました。

それがいわゆる「利他の心」であり、「徳を積む」生き方であるんだと思います。

自分のことよりも人様のこと。
そして、人様に施したことが必ず自分に返ってきて、人様の喜びが自分の最大の
喜びになるということ。
それが僕の菓子創り商売の原点であり、会社創り、チーム創り、夢ケーキ、
そしてすべての生き方に繋がっていくものです。

今世界中では、さまざまな環境下で、多くの人が苦しみ悲しみの中にいると思います。
また、自分の身近にも苦しみや悲しみを抱えている方々がたくさんいらっしゃいます。

なにか特別なことをして、大げさなやり方でなにかをする必要はないと思います。

たった一言が誰かの苦しみを和らげることがあると思います。
ほんの些細な親切心が誰かの悲しみを取り除くことがあると思います。

「今私たちにできること」
それは、
目の前の人に誠心誠意尽くし、小さな親切を振りまくことで、
小さな喜びを感じて頂くことではないかと思います。

僕の好きな言葉があります。
師匠である西田文郎先生のお言葉です。

「自分のためにがんばる者は、やがて限界がくるが、人のためにがんばる者には限界は来ない。」

まさしくこれが「他喜力」=人を喜ばせる力です。

家族や社員、お取引先様、お客様、身近にいてくれる人たちの喜びを日々創って
いける菓子屋であり一人の人間でありたいと思います。

そして、日本中世界中のすべての人が、身近な人の喜びを日々創り続けること
で、必ずや世界平和が実現できると信じています。

2011年6月17日
清水 慎一

===============================================
プロフィール
清水 慎一 ( しみず しんいち )

株式会社菓匠 Shimizu 専夢取締役シェフパティシエ
特定非営利活動法人 Dream Cake Project 理事長

1975年
( 昭和 50 年 )1 月長野県伊那市生まれ
「東京洋菓子倶楽部」( 東京・日本橋 ) で修行し渡仏 「シェクレ・カカオ」を皮切りに、
フランス最優秀職人勲章 MOF(Meilleur Ouvrier de France) を 獲得している
「ジャン・ポール・エヴァン」で修行 その後、シャンゼリゼシャンゼリゼ大通りに面するパリ随一
の老舗「ラデュレ」で修行 2001 年 クープ・ドゥ・フランス大会入賞 帰国後、
アントルメ菓樹(熊本市)で修行
2005年
両親とともに「菓匠 Shimizu」新店舗をリニューアルオープン
2006年
より、子供たちの描いた夢の絵をケーキにして プレゼントする「夢ケーキの日」を開始。
菓子業界のみならず各界から注目をあつめ、 全国で技術講習や講演、
又世界的夢ケーキ普及のため小中高各学校で道徳やキャリア教育なども行っている。
夢は「お菓子を通じて世界中を夢でいっぱいにすること」 愛称は「サンタクロース」。
2010年
ギフトショップ併設のバンケットカフェ「Pont des Arts」( ポンデザール )、
夢学校「Studio Magical Zone」( スタジオマジカルゾーン)、オープン
現在、両親、夫人と、パティシエ 30 人のスタッフと日々「夢創り」に励む モットーは「菓子創りは夢創り」

著書
書籍
『世界夢ケーキ宣言 ! ~幸せは家族だんらん』 ( 文屋 )
DVD
・夢ケーキが生み出す奇跡 ビックインタビューズ ( ビジョネット )
・菓子創りは夢創り ∞夢源のチカラ∞ (光洋)

各リンク
菓匠Shimizu HP
http://www.kasho-shimizu.com/
清水慎一ブログ
http://ameblo.jp/kasho-shimizu/
清水慎一ツイッター
http://twitter.com/#!/sweets_shimizu
清水慎一フェイスブック
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002426244915
ドリームケーキプロジェクトサイト(作成途中ですが、アドレスは完成後も変わりません。)
http://www.dreamcakeproject.net/

===============================================

Comments are closed.

Ads by Sitemix